贈答用「江刺りんご」に植物由来の「グリーンポリエチレン」製フルーツキャップを採用 

 当JAでは、贈答用リンゴに使う包装資材として植物由来の「グリーンポリエチレン」製のフルーツキャップを採用しました。

 このフルーツキャップはサトウキビ由来のため、製造から廃棄までの二酸化炭素(CO2)排出量を、石油由来の既存の資材に比べ約70%減すことが出来ます。

 

 グリーンポリエチレン製のフルーツキャップは、「江刺りんご」の贈答用「サンふじ」と「シナノゴールド」に使用。今年度は約2000件の注文に対応しました。

 営農推進部園芸課の荒井将旭職員は「経費、品質とも従来品と変わりない。江刺りんごを購入してもらうことで環境保全にも協力できることを知ってもらいたい」と話しています。

 また、グリーンポリエチレン製のフルーツキャップを製造するダイコク化成(株)では、岩手県の森林育成事業を支援しており、JAの農産物を購入することで森林育成と地球温暖化防止につながる仕組みとなっています。

 

 

植物由来の「グリーンポリエチレン」製フルーツキャップを使用しています。

植物由来の「グリーンポリエチレン」製フルーツキャップを使用しています。