区内学童農園で田植え続々と

 江刺区内11校の学童農園では5月中旬から下旬にかけて田植えが行われています。

 

1年生も裸足で田植えを頑張りました。

1年生も裸足で田植えを頑張りました。

 5月18日、木細工小学校の全校児童11人は菊池春男さんの水田3アールで「ひとめぼれ」の苗を植えました。

 地域ぐるみで学童農園に取り組んでいる同校では、堆肥投入や代かきと、地域の協力を受けながら児童らが準備をしてきました。

 菊池さんから「今年もおいしくなあれと思いを込めて植えて下さい」とアドバイスを受けた児童らは、裸足で足を踏み入れ丁寧に田植えをしました。

 田植えの後には地域の人たちからおやつの差し入れがあり、児童らは「たばこどき」を楽しみました。

 

 秋の収穫を楽しみに、児童らは今後も地域の手助けを受けながら稲の生育を見守っていきます。

 

田植えの合間のたばこどき(おやつ休憩)を楽しむ木細工小児童ら

田植えの合間のたばこどき(おやつ休憩)を楽しむ木細工小児童ら