江刺りんごサポーターが収穫体験

収穫体験を楽しむ子ども

収穫体験を楽しむ子ども

当JAとJAりんご部会は10月19日、江刺りんごサポーターによる収穫体験を、江刺グリーンファーム稲荷崎園で行いました。サポーターに登録している親子連れら70人が、「ジョナゴールド」の収穫を楽しみ、江刺りんごの魅力に関心を寄せました。 りんご部会員が、作業の流れや栽培のこだわりなどを説明。 参加者は選果場などを見学した後、1人3個(1キロ相当)の「ジョナゴールド」を収穫しました。 同部会の和川栄一副部会長が「赤い色のリンゴは赤いほどおいしい。色が良く大きい果実を選ぶように」と収穫のポイントを解説。親子で和気あいあいとリンゴを選ぶ姿が見られました。 親子で参加した小山玲子さん(46)は「リンゴと言えば江刺りんごというくらい好きで、産直の江刺ふるさと市場も良く利用している。去年からサポーターに登録しているが、収穫体験は初めて」と楽しんだ様子。 サポーター制度は、JAりんご部会が、2009年度に創設したもの。 特典として、リンゴの割引販売や収穫体験などがあります。