足踏みで脱穀 奥州市立江刺愛宕小学校

pho1_1385016699

足踏み脱穀機で昔ながらの脱穀を体験する児童たち

奥州市立江刺愛宕小学校5年生52人は10月15日、学童農園による脱穀体験を地元農家の佐藤忠夫さんの圃場(ほじょう)約10アールで行いました。佐藤さんは昔ながらの米作りを体験してほしいと、新旧の足踏み脱穀機、2機を用意。児童らは佐藤さんのアドバイスを受けながら、地元ブランド米・江刺金札米「ひとめぼれ」を脱穀しました。 5年生は田植え、生育観察、稲刈り、脱穀体験と一連の米作りを学び、江刺金札米の栽培方法や歴史などを学習しています。