喜びの笑顔 餅つき楽しみ

pho1_1382337824

鎌で「こがねもち」を刈り取る園児

奥州市立岩谷堂幼稚園の年長組25人は10月2日、えさし郷土文化会館の体験用水田で、「こがねもち」の稲刈りを体験しました。春に田植えを体験した園児らは、たわわに実を付けた稲に喜びの笑顔を見せました。 同館の職員が、稲刈り前に昔の稲作を紙芝居で説明。園児らは約1アールの圃場(ほじょう)に入り、鎌を使い一株ずつ丁寧に刈り取りしました。 小沢優明来(5)ちゃんは「疲れたけど楽しかった。お餅にして食べるのが楽しみ」と話していました。小原来仁君(6)は「植えた苗が大きくなっていてうれしかった。鎌で刈るのが楽しかった」と喜んでいました。 11月中旬に収穫祭で餅つき体験を行い、味わう予定です。