伊勢神宮で豊作を祈る

pho1_1380094378

伊勢神宮の「豊受大神宮」に今年の豊作を祈願する会員ら

JA江刺藤里年金友の会34人はこのほど、三重県の伊勢神宮外宮の食物や穀物を司る「豊受大神宮」を訪れ、今年の順調な農作業と豊作を祈願しました。江刺りんごの「紅ロマン」と江刺金札米それぞれ5キロと豊年祈願の神楽を奉納。 農協観光とご遷宮対策事務局が、伊勢神宮の式年遷宮に合わせて企画した特別参拝ツアー。伊勢神宮では20年に1度、社殿の建て替えが行われ、この時期には新旧両方のお宮を参拝することができきるため、多くの観光客がお参りに訪れます。 参加した会員は「厳粛な雰囲気に身の引き締まる思いだった。正宮を始めとする諸殿の新旧両方を参拝できて良かった」と感激していました。