JA共済安心キャンペーンを展開

pho1_1374719699

あんしんチェックキャンペーンの案内を持つ職員

当JAは、JA共済の契約者に請求忘れなどがないか点検する「あんしんチェックキャンペーン」を進めています。ライフアドバイザー(LA)だけでなく、全職員172人が協力し、顔の見える共済活動を1年間展開しています。
キャンペーンは管内の契約者宅を訪問し、契約内容の説明や家族の近況を確認することで、請求忘れなどを防ぎ、保障について考えてもらうのが狙い。キャンペーンをきっかけに、自分の保障内容を見直す機会にもつながっています。
JAの普及推進担当職員は「全ての契約者へ訪問活動を進めたい。平日だけでは会える人が限られるため、休日の活動にも力を入れていきたい」と話しています。