キュウリ販売へ市場と意見交換

pho1_1374719865

大手取引市場とキュウリの有利販売に向けて意見交換

当JA野菜部会きゅうり専門部は7月9日、東京荏原青果とJA全農青果センター東京センターの2社の担当者と意見交換会しました。
東京荏原青果の野菜第2部の長島幹雄課長は「市場としても江刺産のキュウリを有利販売できるように努力していく。今まで以上に量を増やして出荷してほしい」と要望。JA全農青果センター(株)東京センター青果事業部野菜第1グループ大山泰伸マネージャーは「消費者は必要な分の量だけ購入する傾向になっている」としながら、「その中でも品質を重視する客がおり、適切な情報の発信が重要」と話しました。
昨年は県全体でキュウリのフケ果が大量発生し、産地評価が下がったが、江刺産は、即日出荷の体制を取っていたため、「目立った被害はなかった」と説明。また、温暖化で、これまで同様の作型・品種では収量・品質の向上が難しいなどの意見もありました。
当JAは夏秋キュウリの出荷が最盛期を迎えており、7月下旬から抑制キュウリの定植がスタートする予定です。