「江刺りんご」高品質へ一丸

pho1_1366615372

「江刺りんご」の産地基盤を強化させていくことを決めた通常総会

JA江刺りんご部会は、部会員一丸となって全国一の高品質「江刺りんご」産地基盤強化を図ることを、このほど開いた同部会の通常総会で決めました。
地帯別の品種導入や消費者ニーズに対応した品種構成に加え、消費者が求める品質調査、対象者別の宣伝販売の方法を考えていきます。
菊池敏洋部会長は「TPP参加交渉の表明など、大きな経済のうねりが農業にも影響してくる。個々の生産者が持てる知識と能力を一つにして、部会一丸となって取り組んでいきたい」とあいさつ。
当JAの小澤組合長は「高齢樹の課題に向けて13、14年度は改植事業に取り組んでいただき、安定的なリンゴの供給をお願いしたい。JAとしても販売に責任を持って努力していく」と激励しました。