経営基盤の強化 生活向上めざす

pho1_1366615603

経営基盤の強化していくことなどを誓った通常総会

JA江刺農家組合協議会は3月22日、第26回通常総会をホテルニュー江刺本館で開いた。2013年度は、地域と連携した農業経営の基盤強化、農家組合員の生活向上を目指すことを確認しました。委員16人が出席。
当JA小澤隆一組合長は「13度は政府備蓄米の作付けの上限が取り払われたので、当地区でも米の作付けを大幅に伸ばしていく。農家組合の皆さまのご協力をお願いしたい」と要請しました。
12年度は、春先が天候不順、夏場は猛暑となりましたが、米は作況指数105の豊作に。一般財団法人日本穀物検定協会が主催する12年産米の食味ランキングでは18回目の特Aランクを獲得するなど、江刺ブランドの名声の向上に努めました。
13年度は、安心して暮らせる農村社会を築く農業者のための組織として、率先した活動を展開していきます。主な取り組みとして①地域との絆を大切にした 農業組織の活動推進②江刺型農業の生産基盤強化に向けた研修と活動の展開③農政運動・農業政策への積極的参加を掲げています。
また、5月の臨時総会で新役員が決定する予定です。